マッチングアプリのプロフィール「趣味」の書き方を徹底的に解説

マッチングアプリ攻略法



自己紹介文を書いている人
自己紹介文を書いている人

プロフィールには差別化が大切なのか。

オリジナリティある趣味の書き方って難しそうだなあ。

どうやって書けば良いんだろう?




そんな悩みを解決します。


この記事でわかること

オリジナリティのある趣味の書き方がわかる

メリット①:同性との差別化のポイントになる
メリット②:興味をもってもらいやすくなる




この記事の信頼性

大之助
大之助

この記事を書く僕は、マッチングアプリのカメラマン兼アドバイザーをやっています。
これまで180人以上のマッチングアプリ利用者の悩みと向き合ってきました。

お客様からの声



そんな僕が、今回はマッチングアプリのプロフィール文(自己紹介文)で、オリジナリティのある趣味の書き方について解説します



※もっと全体的に自己紹介文の書き方を知りたい人は下記の記事を参考にしてみてください。



オススメの記事

マッチングアプリの自己紹介文の書き方で意識すべき4つのコト




マッチングアプリのプロフィール「趣味」の書き方を徹底的に解説



このブログでは何度もお伝えしていますが、自己紹介文とは「まだあなたのことを知らない人に興味を持ってもらうため」に書く文章です。

そうした文章を書くためにはただ「事実」を書くのではなく、具体的に感情を載せて書く必要があります

事実だけを伝える書き方
具体的に感情を載せて伝える書き方



上記の画像で言えば、後者が具体的に感情を載せて書いた趣味の書き方です。

このような趣味の書き方をすると、読み手はあなたに興味を持ちやすくなります。


この書き方をする際の手順は下記の通りです。

具体的に感情を載せて書くための手順

①伝えたい趣味を選定する

②5W2Hで具体化する



それでは、具体的に書き方を解説していきます。



具体的に感情を載せて書くための手順① 伝えたい趣味を選定する



まずは、自分が伝えたい趣味を選定します。

趣味を選定する際のポイントは下記の通りです。

趣味を選定する際のポイント

①「自分が好きなこと」や「休日にやること」を洗い出す

②「どんな人とマッチングしたいか?」で絞り込む



①「自分が好きなこと」や「休日にやること」を洗い出す

「趣味」と考えると難しくなるので、まずは「自分が好きなこと」や「休日にやること」を思い出して、メモでも何でもいいのでまずは書き出していきます。

この時はとりあえず書き出せば良いので、「これは書かない方がいいかな?」といったことは考えずにとにかく沢山書き出しましょう。


②「どんな人とマッチングしたいか? 」で絞り込む

書き出しが終わったら、次にあなたがマッチングアプリで「どんな人とマッチングしたいか?」で趣味を絞り込みます。

「どんな人とマッチングしたいか?」とは

ニッチな趣味を共有できる人とマッチングしたい
or
間口は広く、多くの人とマッチングしたい



この2つのうちどちらにリーチする自己紹介文を書くかを考えて趣味を絞り込みます。

それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

ニッチな趣味を共有できる人とのマッチングを狙うメリット・デメリット

例)アニメ系や神社仏閣巡りなど

■メリット
マッチング相手との繋がりが強いので、他の同性と比較された時に有利。

■デメリット
ニッチな趣味はマッチングできる人の数が減る


間口は広く、多くの人とマッチングするメリット・デメリット

例)食事系・旅行系など

■メリット
万人ウケするため色んな人とマッチングしやすい

■デメリット
マッチング相手との繋がりが弱いので、他の同性との差別化が必要になる



上記それぞれのメリット・デメリットを考えてどちらで自分をアピールするかを考えます。

僕個人としては、マッチングアプリでの出会いは実際に会ってみないとわからないので、 『間口は広く、多くの人とマッチングしたい』派になることをオススメしています。

多くの人とマッチングしたい場合は他の同性との差別化が必要になるので、この記事で紹介している「オリジナリティ」ある趣味の書き方が特に効果的です。



趣味は何個書けばいいの?


プロフィール文(自己紹介文)に書く趣味の個数に決まりまはありませんが、具体的に感情を載せて書くと文章が長くなります。

そのためいくつも趣味を書くと読み手の離脱率を上げる可能性があります。

ですから、趣味に関しては基本的には2個~3個書けば十分だと思います。


※たまに、「書く趣味の数を減らすと共通点が減ってしまう」と怖がる人がいますが、事実だけを書き並べて共通点の数を増やすより、趣味の数を絞ってその内容を具体的に感情を載せて書いた方が、読み手の共感を得やすくなるので、結果的に自分に対して興味を持ってもらいやすい自己紹介文を書くことができます。


絞った結果、書ききれなかった趣味に関してはコミュニティに参加しておきましょう。



具体的に感情を載せて書くための手順② 5W2Hで具体化する



プロフィール文(自己紹介文)に書く趣味を決めたら、その内容について具体的に感情を載せて書いていきます。

具体的に感情を載せて書くためには、自分の中で5W2Hで具体化します。

下記の例を参考に自分の趣味を具体化してみましょう。

例:「旅行が好きです。」を具体的に感情を載せて書く場合

①どんな旅行が好きだっけ?

⇒国内旅行と海外旅行だったら国内旅行が好きだなあ。

②どんな国内旅行が好きだっけ?

⇒「温泉・グルメ・観光地を巡る」色々あるけど、一番は「温泉」が好きだなあ。

③温泉でどんな感じに過ごすんだっけ?

⇒到着したらまずはゆっくり温泉に入って、リフレッシュするよなあ
⇒その後に、旅館の美味しい料理とその土地の美味しい地酒を飲むよなあ

④それができたときの気持ちは?

⇒リラックスできて癒される

⑤いつ?どれくらいの頻度で行くっけ?

⇒冬が多いなあ
⇒年1回くらいかなあ



といった感じで自分の中で具体化していきます。

スマホのメモアプリを使って書き起こしていくとプロフィール文を書き起こす際にやりやすいです。


具体化して、出てきた言葉を組み合わせたら、具体的に感情を載せた趣味の完成です。

完成版

■趣味
冬場に行く温泉が好きです。
去年は友達と箱根に行ってきました。
日頃の疲れを温泉で癒し、そのあとに旅館の美味しい料理と地酒を飲みながらゆっくり過ごすのがとても癒されます。



このように書くことで、この文章を読んだ人はあなたの人となりを想像します。

感情も伝えることができるので、そこから共感が生まれ親近感に繋がり、結果的に同性との差別化やあなたに対する興味に繋がります。



宣伝

自己紹介文の添削サービスをしています。
僕があなたにヒアリングをしながら、あなたと一緒に最適なプロフィール文を作成します。

サービスの詳細や申し込みは下記からお願いします。



まとめ



今回は、マッチングアプリのプロフィール文(自己紹介文)の趣味の書き方を紹介しました。

この記事の内容を参考に、自分だけのオリジナリティのある趣味を書いて有利にマッチングアプリを勧めていただけたら幸いです。




大之助

都内在住マッチングアプリカメラマン。
普段はマッチングアプリを利用している人に向けてプロフィール写真の撮影やアドバイスをしています。

プロフィール詳細
お問い合わせ

大之助をフォローする



人気の記事

マッチングアプリがうまくいかない男性がやるべきことは2つだけ


マッチングアプリの自己紹介文でテンプレートを真似するだけはNG


マッチングアプリで二回目のデートに繋がらない時の改善方法



タイトルとURLをコピーしました