【プロ直伝】マッチングアプリのプロフィール写真の選び方

マッチングアプリ攻略法




マッチングアプリ初心者
マッチングアプリ初心者

マッチングアプリのプロフィール写真って、
どんな写真を載せればいいのだろう?

せっかく載せるのだから反響の良い写真を載せたい!




今回はそうしたお悩みにお答えします!




この記事でわかること

・プロフィール写真の役割がわかる

・プロフィール写真の選び方がわかる

・写真がない場合の対処法がわかる



この記事の信憑性

この記事を書いている僕は日頃マッチングアプリのプロフィール写真を撮影をしているので、その際にお客さんにお伝えしている内容や、その経験に基づいてこの記事を書いていきます。


参考までに、僕がお客さんからいただいたレビューをご紹介します。

撮影当日、大之助さんのお人柄のお陰で、終始和やかで楽しい雰囲気の中写真を撮ることができました。 どこで撮れば良いか?どこを見れば良いか? どういうポーズを撮れば良いか?全てご提案下さるので、そのご指示に従うだけでokでした。 良い写真が撮れただけでなく、実際にアプリ上でどのように写真を使いマッチングに繋げて行けば良いかという理論も分かりやすく、勉強になりました。 ありがとうございました!

大之助へのお客様からの声(タイムチケットレビューより)




それでは、解説していきます!

プロフィール写真の役割は2つ


マッチングアプリのプロフィール写真を選ぶ前に、プロフィール写真が担う役割を理解することからはじめましょう。

プロフィール写真の役割を理解せずに適当に写真を選んでしまうと、なかなかマッチングできず思ったような成果が得られなくなってしまうのでしっかり押さえていきます。



プロフィール写真の2つの役割

異性に興味を持ってもらうため
実際に会う前の不安を取り除くため



それでは1つずつ解説していきます。

異性に興味を持ってもらうため

まず、マッチングアプリのプロフィール写真のうち、1枚目のプロフィール写真がマッチングアプリ内のどのような場所に表示されるかを思い出してください。

マッチングアプリの仕様にもよりますのが、下記に表示されることが一般的です。

  • 条件検索した際の一覧
  • 足あとリスト



そして、ここに表示される際は他の同性ユーザーのプロフィール写真と並んで表示されます。
つまり、あなたの1枚目のプロフィール写真は他の同性の写真と比較されるということです。



この比較の際にあなたの1枚目の写真に興味をもってもらえないとマッチングはおろか、自己紹介文すら読んでもらうことができません。
つまり、プロフィール写真は「異性に興味をもってもらうため」の役割があるのです。


異性に興味を持つてもらう基準とは?

大之助
大之助

相手に求める容姿レベルは人それぞれ異なるので一概には言えませんが、
ここでは一般的に見て『異性としてアリかナシかで言えばアリ。もしくは、最低でもナシではない』に入る容姿や清潔感が伝わる写真ならOKと捉えましょう。

実際に会う前の不安を取り除くため


マッチングアプリを使って出会うことは一般的になってきていますが、カタチとしてはネットでの出会いです。


やはり、事前にどんな人と会うのかを確認できていないと不安です。
『この人、写真ないけど大丈夫かな…』
『この人、横顔しかないんだけど…』
『会わなくていいか…』


こうした不安な気持ちは、マッチングできた後にやりとりするメッセージの離脱率を高めます



図を見るとイメージしやすいと思いますが、マッチング数より初回のデートに割ける人は少ないです




例えば、土日休みの人がマッチングアプリで10人の異性とマッチングしたとします。


ここから10人とメッセージを進めて、それぞれとデートに行くことになります。


しかし、1週間のうち、デートに割ける時間が土日の昼と夜だった場合、フルで会っても4人の人としかデートに行くことはできません。


週をまたげばもう少しデートに行ける人数は増えますが、物理的にマッチング数よりもデートに割ける時間は少なくなりがちです。




こうした状況を考えると、限りあるデートの時間をプロフィール写真がない相手に割くことへのリスクは想像しやすいと思います。


しかし、この状況をポジティブに考えれば、この不安やリスクを解消してあげることができれば、あなたのデートに行ける確率を高めることができるのです。



ですから、プロフィール写真には 「実際に会う前の不安を取り除くため」 の役割があるのです。


プロフィール写真の選び方を教えます


プロフィール写真の役割が理解できたところで、ここからはプロフィール写真の選び方を解説していきます。

プロフィール写真は何枚必要?

マッチングアプリによって掲載できる写真の枚数は異なりますが、アプリによっては9枚くらい載せられたりします。
そこで出てくるのが、『自分が写っている写真は何枚必要なのか?』という悩みです。


結論からお伝えすると、3枚を推奨しています



異性のプロフィールを見ている時のことを思い出してください。
アプリが用意している写真枠全てに自分が写っているプロフィール写真を載せている人がいたらどう感じますか?

『この人、自己顕示欲が強いな…』
『この人、ナルシストなのかな…?』


きっとネガティブな感情を抱くはずです。
つまり、プロフィール写真は沢山載せれば良いということではないのです。




では、1枚しか写真を載せていないプロフィールを見たらどう思いますか?
『1枚だけか…なんか心配』
『陰キャなのかな…?』


きっと何かしらのネガティブな感情を抱くはずです。
つまり、プロフィール写真は少ないと相手を不安にさせるのです。



そして、3枚の写真で伝えるべきことは相手があなたと会わなくてもどのような人なのかがわかること」です。



それでは、それぞれの写真の選び方を見ていきましょう。

1枚目のプロフィール写真


1枚目のプロフィール写真は「顔」がメインの写真を選びます。

写真はイメージです(ピクスタの写真)

興味を持ってもらうために大切なポイントは被写体の清潔感と身だしなみ。
そして写真自体の明るさと鮮明度です。


マッチングアプリ上でのあなたの第一印象を決める重要な写真なので、このように笑顔の写真だとさらに良いのですね。

2枚目のプロフィール写真


2枚目の写真はあなたの「体型」がわかる写真を選びましょう

写真はイメージです。(ピクスタの写真)

2枚目の写真は1枚目の写真と同じ人だと認識できる写真で、なおかつ体型がわかる写真を選びましょう。


「顔の写真しか載せていない人と会ったら想像以上にわがままボディーな人が待ち合わせ場所に来た…」や「実際の顔とアプリで見ていた写真の顔が全然違う…」という話はマッチングアプリのあるあるネタです。


確かにマッチングアプリでの反響を考えると、「よく見せたい」という気持ちはわかりますが、マッチングアプリを利用している目的は「恋愛相手を見つけること」だったはずです。


実際に会ってデートに行くことや、これから何回も会って親しくなっていくべきことを考えると「顔の加工をすること」や「体型を隠すこと」は初回のデートには繋がっても、2回目以降のデートには繋がらない可能性が極めて高まるのでお気をつけください。

3枚目のプロフィール写真

写真はイメージです。(ピクスタの写真)

3枚目の写真は「雰囲気が伝わる」写真を選びましょう。

雰囲気が伝わる写真と聞くと難しく感じるかもしれませんが、イメージとしては「何かをしている時の写真」だったり、「横顔の写真」のことです。


顔がカメラの方を向いていない写真でも良いので、あなたの雰囲気を伝えることができる写真を選びましょう。

まとめ


今回の記事では、プロフィール写真の役割とプロフィール写真の選び方を解説しました。
この記事でお伝えした内容を意識して写真を選定すればとりあえずプロフィール写真はOKです。


もし、ここまで読んで『マッチングアプリに適したプロフィール写真持っていない!』と思った方はまずはプロフィール写真を手に入れましょう。
正直、プロフィール写真がないとマッチング数を増やすことが難しいです。


下記に僕がやっている撮影サービスのリンクを貼っておきます。

東京に来れる方限定になってしまうのですが、サービスの詳細や、サンプル写真、お客様からのレビューも確認できるので参考にしてみてくださいね。



タイトルとURLをコピーしました