付き合う前のデートスポット選び方【断られにくい誘い方も解説】

出会いの作り方



デートに誘おうとしている人
デートに誘おうとしている人
  • 気になる人をデートに誘いたい
  • どこにデートに行けば良いのかわからない
  • 断られるのが怖い




こうした悩みが解決できる記事を作成しました。



■自己紹介

大之助
大之助

マッチングアプリで恋愛する人を支援する仕事をしています。

これまでのアドバイス実績250名以上





この記事でわかること

この記事を読めば、知り合った女性をデートに誘うのが簡単になります

前半では「付き合う前のデートスポットの選び方」について
後半では「断られにくいデートの誘い方」について紹介しているので、ぜひ読んでみてください!



付き合う前のデートスポットの選び方



付き合う前のデートスポットは「飲食店に行くことをおすすめします。
その理由は、デートの目的にあります。


デートに行く目的は「女性と親しくなるため」です。

そのためには「女性に心を開いてもらい、相手の女性を知り、価値観を共有し、女性にアプローチする」という手順が必要です。


この手順において重要なのは「会話です。


デートで定番の選択肢としては映画や遊園地、水族館などもありますが、これらは時間を共有することはできても、付き合うまでの手順を満たすような会話をすることは意外と難しかったりします。


そのため、付き合う前のデートは「飲食店に行くべきです。


会話が弾むデートに最適なお店の条件



飲食店ならどこでも良いというわけではありません。
会話の弾むデートができるかは、環境に左右されるところが大きいからです。

会話が弾むデートをするためには下記のような条件を満たすお店を選びましょう。

①オシャレ
②美味しい
③カウンター席がある
④明るすぎない
⑤値段が高すぎない
⑥周囲がうるさすぎない



これらの条件を満たすお店を選ぶ理由を解説します。

①オシャレな店
オシャレなお店は相手の気持ちを高めます。

②美味しい店
美味しい料理は会話を弾ませます。

③カウンター席のある店
座席は対面で座るよりカウンター席で横並びに座って話した方が圧迫感がないので話しやすいです。

④明るすぎない店
店内が明るすぎると落ち着いた雰囲気が作りにくいからです。

⑤値段が高すぎない店
値段が高すぎると高級感が緊張感を作る可能性があります。
また、女性が奢られた際に重く感じる可能性もあります。

⑥周囲がうるさすぎない
周囲がうるさすぎると女性の声が小さい場合に聞こえません。
かと言って、お店が静かすぎると周囲が気になって会話が弾みません。



インターネット・グルメ雑誌・テレビなどでこうした条件を満たすお店を知ったらメモして自分のストックにしていきましょう。


ちなみに最近だと「2020年6月号の東京カレンダー」の特集で紹介されていたお店情報は有益すぎだと思いました。

下記の記事で無料で読む方法も含めてレビューしているので参考にしてみてください。

参考記事

東京カレンダーの6月号がコスパ重視の神回だった件




しかし、お店の情報収集もさることながら、そのお店がすぐに思い出せないと意味がなかったりします。

そこで僕が実践している「デートに使えるお店のストックを管理する方法」を下記で紹介します。


デートに使えるお店のストックを管理する方法



デートに使えるお店のストックを管理する方法として、僕が使っているアプリが「ジオメモ」というアプリです↓

https://apps.apple.com/jp/app/%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%A1%E3%83%A2-%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E5%9C%B0%E5%9B%B3%E3%81%8C%E4%BD%9C%E3%82%8C%E3%82%8B/id532198951



このアプリの優れているところは、自分だけのお店マップが作れるところです。
こんな感じです↓


こうしておくことで、突然のデートの約束にも素早く対応できるようになります。
また、デート中に次に行くお店選びで悩むこともありません。


また、料理のジャンルごとにお店を登録しておくと、相手の好みに合わせたお店をすぐ出せるので、スマートにデートに誘うことができます。


お店情報を追加するのも簡単で、しかもメモ欄にお店の特徴やおすすめの料理をメモしておいたり、URL欄に食べログのリンクを貼っておくこともできるので、女性に提案する時にすごく便利です。


これさえ作っておけば、お店選びの悩みから解放されます。


付き合う前に行くべき都内デートスポット【5選】



せっかくこの記事をご覧いただいたので、今回は都内のデートに使えるお店を一部紹介します。
(ここで紹介するお店で僕を見かけても、そっとしておいてあげてください笑)

ジオメモ』をダウンロードした人は練習がてら、さっき紹介した東京カレンダーのお店情報と合わせて登録しておくと早速お店のストックを増やせます。


新宿

路地(ろじ)
東京都新宿区新宿3-17-17
出典:食べログ
出典:食べログ
予算1人:4,000円~5,000円
お店の特徴

新宿東口から歩いて徒歩3分くらい。
紀伊国屋の裏手にあるこのお店は、岩手県産「白金豚」を使った塩で食べてもタレで食べても美味しい「やきとん」のお店。

お酒との相性も抜群なためついつい飲み過ぎてしまいます。

内観もデートに最適な雰囲気な上に、財布にも優しい価格なので新宿で「とりあえず飲みに行こう」となったときに便利なお店です。


渋谷

佐五右衛門(さごえもん)
東京都渋谷区道玄坂2-29-8 道玄坂センタービル 4F
出典:食べログ
出典:食べログ
予算1人:3,000円~4,000円
お店の特徴

渋谷駅から10分くらい歩いたところにあるこちらのお店は、雰囲気が良く、料理も美味く、コスパも最高な焼き鳥のお店です。

コスパの良い焼き鳥のお店ってどうしても赤提灯のお店が多かったりして、けしてそういう雰囲気も悪くはないのですが、「ちょっといきなりそういうところに誘うのもなあ」という人はここなら安心してデートに使えます。

女性ウケしやすい「肉寿司」もあるので誘いやすいかと。


池袋

HEARTH(ハース)
東京都豊島区東池袋1-40-2 近代ビル5F
出典:食べログ
出典:食べログ
予算1人:3,000円~4,000円
この商品の特徴

低音調理でやわらかく仕上げたローストビーフや、アヒージョとバケット、チーズフォンデュなど美味しいイタリアンが味わえるダイニングバー。

イタリアンのお店は各街で、最低1店は覚えておくとデート場所選びが楽になります。

ちなみに池袋は他の繁華街に比べると、デートに使える雰囲気のお店が少なめなので、こうしたお店は非常にありがたい存在です。


丸の内

欧風小皿 沢村
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 7F
出典:食べログ
出典:Instagram
予算1人:3,000円~4,000円
お店の特徴

東京駅のすぐ近く新丸ビルの7階にあるこのお店は「ザ・東京」といった雰囲気のお店です。

この店のフロアーには東京駅を見下ろす展望デッキもあり、そこから眺める夜景がとても綺麗なので、食事の後にぜひ立ち寄ってみると良いと思います。

ヘルシーなメニューも豊富なので女性に喜んでもらえます。


上野

ラ ココリコ 上野本店
東京都台東区上野7-7-1 ホテルサンルート ステラ 上野
出典:食べログ
出典:食べログ
予算1人:4,000円~5,000円
お店の特徴

上野というとごちゃごちゃした街のイメージの人も多いと思いますが、そんななか、このお店はオシャレで雰囲気が良いデートに使えるお店です。

味はもちろん何を食べても美味しいのでアラカルトでその日の気分で食べたいものを頼めばOKです。


【暴論】とりあえず肉が食べられる店をしておけばOK説



「お店のレパートリーがぜんぜんないよ」という人はとりあえず「新宿」や「渋谷」といった大きな街の「肉」が食べられるお店を徹底的にリスト化しておけばOKです。

自分自身これまでマッチングアプリで多くの女性と出会ってきましたが、たいていの女性が好きな食べ物が「肉」でした。

肉料理に詳しい男はデートを制すると思っています。

それに繁華街のあるような大きめの街にある店を押さえておけば、アクセスしやすいのでデートの約束が取り付けやすいです。


そうは言っても、毎回「肉」のお店というわけにもいかないので、少しずつ色んな種類の飲食店を増やしていきましょう。


断られにくい「付き合う前のデートの誘い方」



ここからは女性をデートに誘う時に断られにくくするための方法を紹介します。

女性へのデートの誘いを成功させるためには下記の3つをクリアする必要があります。

※()内は女性の心理変化
①外見フィルターをクリア(話してもいいかも)
②警戒心フィルターをクリア
(もっと知りたいかも)
③デート付加価値の追加
(このお店にも行ってみたい)



これらは、男性と比べて女性が異性からアプローチされる機会が多いからです。

ある程度フィルターを設けておかないと多く男性からのアプローチに時間を奪われることになってしまうので、無意識のうちにこのようなフィルターを設けています。


1つ目のフィルターが外見フィルターです。

初めてあなたと接する時、女性は見た目に関する情報を元に「話をするか」や「異性として話をするか」などを判断します。
これを突破するためには「自分磨き」が必要になります。

どのくらい頑張れば良いのかは女性によってハードルが異なりますが、色んな人とデートに行ってみたい人は現状に甘んじず日々努力することをおすすめします。



2つ目のフィルターが警戒心フィルターです。

身体の構造的に男性より力の弱い女性は、警戒心を持つことで身を守っています。
この警戒心を解くためには「会話で打ち解ける」必要があります。



基本的にはこの「外見フィルター」と「警戒心フィルター」を通過することができれば、デートの成約率は高まります。



しかし、まだデートを断られる可能性はあります。
それは競合の存在です。

この競合には他の男性の存在はもちろん。女友達・仕事・趣味といったものまで含まれます。
これらの競合を差し置くには、あなたとのデートの優先順位を上げる必要があり、そのために必要なのが「デートに行く付加価値」です。

具体的には「このデートには行ってみたい」と思ってもらう付加価値を提供するということです。


「自分磨きの方法」「会話で打ち解ける方法」「デートの付加価値を追加する方法」について解説していきます。


デートに誘う前の「自分磨きの方法」



自分磨き」といっても様々な種類があり、結局「何をすれば良いのかわからない」というのが、多くの男性にとっての悩みだと思います。

僕は仕事柄、男性の外見のどこを改善すると女性の外見フィルターを突破することができるかがわかっています。
また、それらの改善方法についても専門書や論文を読み漁り情報を収集してきました。

そうした経験を元に「自分磨き」で効果のあることをまとめると下記の通りです。

髪型を変える
眉毛を整える
コンタクトにする
服装を変える
ダイエットをする
ホワイトニングをする
スキンケアをする
筋トレをする
脱毛をする
薄毛の治療をする



このように見ると沢山ありますが、時間軸でみると「即できること」と「時間がかかること」に分けることができます。

即できること」については出会いを増やす前に改善し、「時間がかかること」については出会いを増やしつつ同時並行で進めるようにすると時間に無駄がありません。


「即できること」と「時間がかかること」を一覧にして、具体的な改善方法の記事を紹介します。


「即できること」一覧

・髪型を変える
・眉毛を整える
・コンタクトにする
・服装を変える



それぞれ、具体的な自分磨きの方法を解説した記事があるので参考にしてみてください。

参考記事
髪型について

男性がモテる髪型になるまでのステップ



眉毛について

初心者が失敗せずにモテる眉毛にする方法



コンタクトについて

初心者に教えたいコンタクトを安全に安く買う方法



服装について


ファッションが苦手な男性必見!女性にモテる服装の知識



「時間がかかること」一覧

・ダイエットをする
・ホワイトニング
・スキンケア
・薄毛治療

・筋トレ
・脱毛



「筋トレ」と「脱毛」以外は、それぞれ、具体的な自分磨きの方法を解説した記事があるので参考にしてみてください。

参考記事
ダイエットについて

【痩せたいと思ったら】知っておくべきダイエットの基礎知識



ホワイトニングについて

ホワイトニングの基礎知識とはじめ方



スキンケアについて

【男性向け】顔の肌ケア方法【スキンケア基本編】

【男性向け】顔の肌ケア方法【スキンケア基本編】



薄毛治療について

髪が薄くなった男性が知っておきたい薄毛の知識



デートに誘うための「打ち解ける会話術」



初対面の女性をデートに誘うためには「安心してもらう」ことが必要ですが、この「安心」をもっと具体的に言うと、会話を通じて「この人とは気が合いそうだ」と思ってもらうことです。


そのためにはどんな会話をすれば良いかというと

基本的に「話を聞く」側に立ち、女性の話に「共感」と「深堀の質問」を繰り返しましょう。

こうした会話をすることで女性は少しずつあなたに共通するものを感じて「この人とは気が合いそうだ」と思ってくれます。

しかし、一方的に「深堀の質問」を繰り返すと尋問のようになるので、時折、自分のことを話す自己開示を織り交ぜます。


会話の流れとしてはこんな感じです↓

①話題を振る反応が悪い場合他の話題を振る
反応が良い場合
②共感・自己開示・深堀の質問(話題が尽きるまで繰り返す)
↓話題が尽きた場合
③新たな話題を振る



この会話の流れはマッチングアプリでマッチングした女性とのメッセージのやり取りでも同じです。
出会いの数を増やすためのメッセージ方法については下記でレクチャーしています。




話題の選び方



話題には浅いものから深いものまでありますが、知り合ったばかりの時は深い話題を振っても「安心」できていない状態なので、話を広げることは難しいです。

最初は浅い話題で「共感と深堀の質問」を繰り返し「この人とは気が合いそう」と思ってもらうことで「安心感」をもってもらいましょう。

そのための話題の種類は下記の通りです。

・仕事
・出身地
・休日の過ごし方
・食事 
など



「どんな場所で女性と知り合ったか」や「会話できる時間」によって話題が増えたり、減ったり、話題を変える必要があったりはしますが、基本的には上記の4つの話題はどの場面においても使える浅い話題です。


断られにくくするデート付加価値の追加方法



競合を出し抜くためには「このデートには行ってみたい」と思ってもらう必要があり、そのためには「デートの付加価値を追加する」ことが必要だと解説しました。

その方法の1つとして紹介するのが「お店プレゼンです。

相手の好きな食べ物を聞き出し、それが食べられるお店を魅力的に紹介することで「このお店に行ってみたい」と思ってもらう方法です。


これをやるためには下記の2つを用意します。

料理の写真
食欲を刺激するフレーズ


そして、必ず2店舗紹介して二者択一で選んでもらいましょう

具体的な会話の流れはこんな感じです↓

—打ち解けた後—

あなた「そういえば好きな食べ物ってある?」

女性「お肉かな?」

あなた「そうなんだ。美味しい店知ってるから今度一緒に行こうよ!」

女性「いいね!」

(メモしておいた「肉」の店を2つピックアップして食べログを開く)


あなた「2つあるんだけど、どっちがいい?この店は赤身肉と赤ワインが美味しい店で、こっちは和食系の隠れ家的な店で、肉のこぼれ寿司と土鍋が美味しいんだけど」

(下記のような料理の写真を見せながら)


女性「じゃあこっちで!」



お店を紹介する際のノリとしてはアンジャッシュの渡部さんが飲食店を紹介しているのを参考にすると良いと思います。

【珠玉の4店】まだ世間に知られていない美味しいお店を実名で紹介します!



この動画を見てもわかるように、彼のお店の紹介を聞いていると誰もが「行ってみたい」と思うはずです。

ここまで上手にプレゼンはできないかもしれませんが、料理の写真を見せながら、お店に行ってみたい気持ちを掻き立てるように料理の紹介をしましょう。

さらに、2つのお店を紹介することで女性としては「デートに行くか行かない」ではなく、「どちらに行こうかな」という考えになるので断られにくくなります。


店は予約しといた方が良い



デートの店が決まったら事前に予約しておきましょう。


予約せずに当日をむかえると、店先で何分も待たされたり、最悪の場合、他の店を探す必要が出てくるので結構焦ります。

しかしも、この食事という付加価値でデートに誘っている場合、目当ての食べ物が食べれないと女性のデート満足度が一気に下がる可能性があります。

予約はたしかに面倒かもしれませんが、これはけして媚びるということではなく、目的を達成するための下地作りと捉えてしっかり手を打っておく必要があります。


予約の際は料理をアラカルトで頼む場合は「席だけの予約」で大丈夫です。
この時「席はカウンターで」と伝えておくこともお忘れなく。


まとめ


今回は、「付き合う前のデートスポットの選び方」と「断られにくいデートの誘い方」を紹介しました。

恋愛をするなら「出会いの数」を増やす必要があります。

この記事の内容が、みなさんの出会いの数を増やすきっかけになれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました